presented by TECHNO CREATE
HOME > コラム > 「ごきぶり日記」 > No.057 世相放談 マスコミ  
No.057

世相放談 マスコミ

97/10/21
印刷
文字サイズ
[大][中][小]

<ゴキブリのまえおき>
ゴキブリ日記26[悠々自適]のaさんとbさんが、最近の世相について話している。どうやら他聞に漏れず、昨今の風潮が理解出来ないようだ。

* * * いったい、今の日本はどうなっているんだい?さっぱり分からなくなってしまった。こんな感じは私だけかねぇ。
14才の少年が信じられない残忍な犯罪を犯す。人間喪失は世界的な風潮だから、日本にもこんな猟奇的な事件出てくることは分からないでもないよ。
だが、警察よりもマスコミが過剰反応を繰り返し、事件をよりセンセーショナルに報道して、ほじくり返す。未だ警察の発表も無いうちに、あらゆる推理を組み立てて犯人像を作り上げ、ああでもない、こうでもないと繰り返す。ドラマ作りと間違えているんじゃ無いのかい?

確かにマスコミの暴走は目に余るものがあるね。何も日本に限らない。世界中の傾向だ。台湾でも有名歌手の娘の誘拐事件で、犯人がマスコミを警察と思い込み、殺害してしまった事件があった。例のパパラッチ事件も同様だ。

それにありとあらゆる識者という評論家、その道の権威者が出演してまことしやかに八卦を立てる。評論家だってギャラを貰って引っ張り出されれば何か云わなくてはならないだろう。殆ど当たらないんだが、当たったところで何の意味がある?警察がその意見を有り難く拝聴し、参考にするなら別だがそれならなお更テレビでは話せない。要するにあの手、この手で茶の間の興味を煽り、視聴率を上げようとしているだけだろうよ。

えらく頭に来ているね。ニュースというものは事実だけを報道するものだ。だが、ワイドショーはこの背景をより深く取材して読者に提供する。ここの限度が難しい。社会的背景とその問題点をクローズアップしようとすると事件の真相を知りたくなる。そこで専門家を引っぱり出して意見を聞く。
気がついて見るとお茶の間や井戸端会議のネタを提供するだけの番組になっている。だいたい商業放送は視聴者に持てなければ広告収入が上がらず金にならない。要は視聴者がこうした番組を好んでいるということではないのかい?

全くだ。でもね、事件に巻き込まれた家族は、加害者、被害者いずれにせよ、むしろ一番の被害者だ。これを追っかけ回すマスコミは凄まじい。
オーム事件で、家族が離散し会社にも出られなくなった知り合いが居る。本人たちが一番、心を引きちぎられる想いをした当事者なんだよ。どうしてそこに思いやりがないんだい?

儲け至上主義は恐ろしい。イギリスでもダイアナ妃事件で報道規制の動きが出ている。さっきも云ったように、ニュースというものは事実だけを報道する。だが戦時中の報道規制は事実の報道すら制限し、抑圧した。マスコミも自粛をしないと自ら報道規制の口実を作っているようなもんだね。

* * * <ゴキブリ後記>
人間ってたいしたことはないね。自分たちのエゴのため、右に寄り、左にふれうろうろしている。車社会が行き過ぎると環境問題が深刻になり、昔懐かしいチンチン電車が復活するという。電子マネーも行き過ぎると札や小銭が心の支えだったと気がつくよ。

ごきぶり日記

投稿「私にも一言」

ページTOPへ