presented by TECHNO CREATE
HOME > コラム > 「ごきぶり日記」 > No.084 メディア放談  
No.084

メディア放談

98/02/23
印刷
文字サイズ
[大][中][小]

皆さんはテレビ番組に疑問を持ったことはありませんか?

nhkは別として民放の番組内容は時折り、なるほどと思う良心的な番組にお目にかかる時があるものの、その大半は何が目的なのか全く分からないタレント番組が多いですねぇ。いや、目的なんか始めから無いんでしょう。
タレントが人に聞かせるわけでもなく、自分たちだけの言葉で勝手にしゃべりまくり、詰まらない駄洒落をまくし立てる、どんちゃん騒ぎをする、なんだか自分たちだけが楽しんでいるのではないか、と思うのは僻みでしょうか。
年末、年始の取り溜ビデオはこの手のものが特に多く、この時期はテレビを見ないようにしています。

嫌なら見なければ良いじゃないかといわれそうだけれど、それにしてもこんな番組にお目にかかる度に、それでなくても周波数帯が満杯になっている貴重な電波が勿体ないといつも思いますよ。

モーニングショーと云うんですか、芸能界の出来事、タレントの滑った転んだという話を執拗に追いかけ回し、繰り返し繰り返しほじくり返しています。
それも各局毎の趣向はなく、何処のチャンネルを廻しても同じ画面、同じ内容が放映されていますね。以前、旧ソ連の放送を皮肉って、どのチャンネルを廻しても同じ番組という欧州のコマーシャルを見たことがありますが、同じ思いが浮かび上がって来ます。

それもこれも、こうした番組の需要があるから視聴率のためなら何でも、何処までもサービスするという商魂なのでしょう。
流石にこの過剰競争がエスカレートして問題を起こしたある局は、モーニングショーをすっぱりやめて健全な朝の奥様番組に切り替えました。仲々爽やかで視聴率も悪くないそうです。

日本のこうした番組を見る度に、早くアメリカのように100チャンネルほどのcatv放送が何処でも見られればなぁと思うのですが。
まるで俗悪番組を見なければいけない規制が、掛かっているような現在の状態から、どんな番組を流そうが見なければ良い選択が出来るのですからね。

文字多重放送は一昔前にモンタといい、一時、内蔵型が流行ったのですが、今、文字多重内蔵テレビを探すのが困難になっています。
でも廃れたのではなく、根強いファンが多くいるそうです。我が家でも文字放送愛用者が多く、競馬情報、株価情報などに欠かせません。
特に株価情報などは10分間隔で更新され、最新の日経平均、個別株価を刻々と知ることが出来ます。ところがこの文多、外付けで買うと随分高いそうです。確か7万円くらいとか聞きました。

需要平均を取り、5~600万台売るテレビの過当な価格競争からすれば、こんなものを内蔵したら競争力を失うから排除する方針も、分からないでは無いのですが。生活にもっと必要な情報が多い中で、視聴率の最大公約数だけが基準の番組編成をやっているといずれ、痛い目に遭うでしょうに。

最近はラジオの人気も高いとか、ラジオに戻るのもテレビに毒された生活を戻すのに良いかも知れませんねぇ。

ごきぶり日記

投稿「私にも一言」

ページTOPへ