presented by TECHNO CREATE
HOME > コラム > 「ごきぶり日記」 > No.326 どこまで荒んでゆくのか  
No.326

どこまで荒んでゆくのか

03/08/01
印刷
文字サイズ
[大][中][小]

どこまで荒廃してゆくのでしょうねぇ。
連日の社会面は聞くだけで欝病になりそうな、いや~な気分に陥ります。
転げ落ちるような社会の荒廃に官僚を含めた政治が対応能力を失ったということに尽きますね。事実大きな手は何も打たれていません。

坂道を転げるようなこの環境の悪化はバブルの残した爪痕なのでしょうね。
国民総動員で好景気に浮かれ、利益をむさぼり、子供の教育も隣人との和も忘れ、エゴの固まりになった人間集団に対するツケが廻って来たということですね。
子供の犯罪は親という社会を映しているものでしょうから、子供を責めることでは解決になりませんよね。

意味もなく凶器を振り回して多くの人を傷つけるということは、いまの社会に対するやり場のない不安と苛立ちでしょうから、根は政治の貧困ということに尽きます。

多摩地区は坂道が多いのですが、国道の立派な歩道の急斜面を猛烈な勢いで自転車が走り下りて来ます。ぶつかれば間違いなく即死でしょう。
若い女が携帯電話のメール見ながらこの暴走を平気でやっています。たまりかねて怒鳴っても知らん顔。一体どんな神経になってしまったのでしょうか。

車道を同じようにメールを見ながら自転車で亘る光景は珍しくないでしょう。腹の中では「そんなに死にたければ、さっさとはね飛ばされてしまえ!」と悪口をつく気持ちも判って貰えると思います。

それはアメリカの治安が悪いのは判っています。昼でも鍵を掛け、お客が見えれば確認してからその都度戸を開ける。トイレには鍵が掛かっている。など、やがては日本もこうなるのかなぁと思ったものですが、それは特定の住民が固まっているダウンタウンのこと。田舎に行けばもっとのんびりして安全です。

日本の犯罪は人種差別や貧困のエリアなどは存在しないのですから、異質ではないでしょうか。都会も田舎も関係なく凶悪犯罪が起こっているところが怖いですね。
ニューヨークのマンハッタンが犯罪の巣窟のように言われています。事実、一時期は警官も怖がって見て見ぬ振りをする時代がありました。
でも、時の市長が警官を大幅に増員して、断固たる姿勢を示したことによって見違えるほどになったことがありました。

クレーン車を盗んで建物を一瞬で破壊し、atmごと持ち去る強盗団などにせせら笑われては警察も口惜しいでしょうね。此処は一つ大幅に予算を増やして貰ってでも、断固たる姿勢を示して押さえ込んで貰いたいものです。
ついでに自転車メールも犯罪として取り締まって欲しいものですが・・

ごきぶり日記

投稿「私にも一言」

ページTOPへ