presented by TECHNO CREATE
HOME > コラム > 投稿「私にも一言」  
No.012

「たばこ談義」を読んで(渋谷さんより)

99/12/17

ごきぶり日記163 「たばこ談義」

渋谷です。お久しぶりです。いつも読ませて頂いてます。

私も10数年間タバコを吸っていました。吸い始めた頃は時々やめようかなと思ったりしました、でもやめられませんでした。
軽いタバコも吸ってみましたが、吸うと力が抜けてしまうような感覚があり吸えませんでした。そのうちやめようとは思わなくなってしまったようです。
やめようとしても、やめられないかもしれない、と思ってました。
最後には開き直って「タバコはやめない」と言うようになっていました。
しかし今はタバコを休んでます(やめようと思うと力が入ってしまい、また吸いだしそうな気がします。正確には1年半で4本位吸いました)。

きっかけは2年程前の健康診断で「縦隔腫瘍」なるものが見つかったからです(なんだか分らない物は全て腫瘍と言うそうです)。
治療方法は胸を縦に切りあばら骨を開いて取り出すそうです。悪性か良性かを調べるためのサンプルも心臓に近すぎるため、取れないそうです。
それを聞いた元気な私は、そんな手術こそ病気の原因になってしまいそうな気がしました(診察してくださった医師には失礼)。
そこで過去の健康診断のレントゲン写真を調べました。6年前の物まで残ってました。それを医師に見てもらったところ、6年前からほぼ同じ形で写っているそうです。それでも医師としては「取ったほうが良いとしか言えない」との事。取り出す以外治療方法は無く、今は毎年変化を観察してます。

そんな1年半前のある朝、起きようとしている布団の中でふと「何も治療方法がないのなら自分の自然治癒力にたよる外ない」と思い「タバコをやめてみよう」と思ったのです。それがきっかけでした。
1年半たった今、腫瘍に変化はないようです。

長い前置きになってしまいました。書きたかったのは数日前に目にしたタバコの税金値上げ検討のニュース記事です。しかしタバコほど頻繁に値上げされる物って他にあるのでしょうか?
私が今でもタバコを吸っていたなら、タバコを吸って気持ちを落ち着かせるどころかイライラしている事でしょう。数年前に値上げがあった時もちょっとイライラしてました。今は「タバコを吸っていなくて良かった」と思ってます。余計なイライラが無いのです。

また、ちょっとしたきっかけでタバコをやめてみては如何ですか?

心の赴くままに

ごきぶり日記

投稿「私にも一言」

ページTOPへ