テクノクリエートは、通信・伝送をメインキーワードとした技術開発受託を行っております。
HOME > 製品紹介 > FPGA IP > 誤り訂正符号 > リードソロモン

リードソロモン符号化/復号(Reed-Solomon Encoder/Decoder)のFPGA用IPコア

無線機器、xDSLモデム、デジタルTV など幅広い分野で通信品質を向上させる目的で使用されているリードソロモン(Reed-Solomon)方式の誤り訂正符号化/復号IPコアです。

 

特長

  • 可変データブロック長に対応。
  • チェックビットのByte数や原始多項式・生成多項式は、ご要望に応じてカスタマイズが可能。
  • ビット/バイトインターリーブ機能の追加も可能。
 

仕様

TYPE A、TYPE B 2種類のIP をご用意しております。
 TYPE ATYPE B
符号RS(255,239;8)RS(255,247;4)
原始多項式X^8+X^4+X^3+X^2+1
生成多項式G(X) =
(X+1)(X+α)(X+α^2)・・・(X+α^15)
G(X) =
(X+α)(X+α^2)・・・(X+α^8)
遅延量4コードブロック分
 

ブロック図

ブロック図:リードソロモン
 

外部インタフェース

1.エンコーダ
エンコーダ:Cordword単位のデータ入力タイミング
信号名I/O機能
nRESETIFECリセット信号
(負論理パワーオンリセット)
FECENBIFEC動作イネーブル信号
CLKIビット同期クロック
BCLKIバイト同期クロック
CENDIFECコードワード終了信号
DI[7:0]I入力データ
DO[7:0]O出力データ
2.デコーダ
デコーダ:Cordword単位のデータ入力タイミング
信号名I/O機能
nRESETIFECリセット信号
(負論理パワーオンリセット)
FECENBIFEC動作イネーブル信号
CLKIビット同期クロック
BCLKIバイト同期クロック
CENDIFECコードワード終了信号
DI[7:0]I入力データ
DO[7:0]O出力データ
ERR[1:0]O受信エラー情報
0X:エラーなし
10:修復可能なエラー発生
11:訂正不可能エラー発生
  • 制御信号はFECENB、BCLK、CEND のみで単純な構成
  • FECENB 端子を使うことによってバースト的なデータに対応可能
 

規模と速度(参考)

※TYPE B の例
※ その他デバイスの対応に関してはお問い合わせください。
FPGAデバイスALTERA 製Cyclone(EP1C3)
使用LE数約1,900LEs(エンコーダ部:約200LEs / デーコーダ部:約1,700LEs)
必要Memory空間8kbit(デコーダのみ使用)
最大動作速度120MHz
 

記述言語

  • Verilog-HDL

※ VHDLでの対応も可能です。詳細はお問い合わせください。

 

ご提供方法

  1. ご要望により本IPコアのカスタマイズおよび機能追加してのご提供も可能です。
  2. 外部制御回路等の周辺回路のカスタム設計も承りますので、ご相談ください。
  3. HDL言語で設計していますので、様々なFPGAやASICデバイスへ対応出来ます。
  4. ネットリストによるご提供やROM形式でのご提供も可能です。
 

カタログダウンロード

このページのPDF版をご用意しました。ダウンロード、印刷等にご利用ください。

ダウンロードサイトへ

カタログをご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より、無償で配布されています。

 

関連製品

スループット1Gbpsを実現した高速版リードソロモンも、ご提供しております。

製品紹介

ページTOPへ