テクノクリエートは、通信・伝送をメインキーワードとした技術開発受託を行っております。
HOME > 基礎技術開発 > 変復調回路の設計手順(FPGA最適化)  
変復調回路の設計手順(FPGA最適化)

通常、FPGAの設計では機能仕様に基づいて記述が行われますが、例えばマイクロ回線網で高速データ伝送を行う場合、中継点での周波数/位相変化などが問題となります。
これらの回線性能を克服した上で、どのようなモデムの回路方式が最適かを探るため、各種のシミュレーションを繰り返します。


その過程で最適解を求め、決定した方式をFPGAの記述に盛り込みます。
つまり、FPGAの記述設計以前の「回線のデータ伝送上の問題解決を含んだ設計」を行い、多くの経験を蓄積しております。


図はこの設計過程を示したものです。ご検討の上、ご意見をお待ちしております。 変復調回路設計手順

当社の技術と経験がお客様のお役に立てればと思い、無料相談をお承りしております。
技術的なご質問やご相談がありましたら、お気軽にご連絡ください。
ご相談フォームへ

基礎技術開発

ページTOPへ